Artist File

アーティスト写真 SEAMO

SEAMOオフィシャルサイトhttp://www.seamo.jpへリンク
1995年より地元名古屋、東海地区を中心にシーモネーターとしてインディーズ活動を初め、同地区におけるHIP HOPの新しいスタイル、ムーヴメントを確立。その後、若きHIP HOPアーティストとのチーム「男塾」を結成。(現在も名古屋では“塾長”の愛称で親しまれている) 2001年には、多くの観客動因を誇るモンスターイベント「名古屋 男(だん)尻(じり)祭り」のオーガナイズをスタート。 2002年、ソニー・レコーズより米米クラブの「浪漫飛行」を大胆にサンプリングした「浪漫ストリーム」で待望のメジャーデビュー。全国のラジオOAチャート3位を記録する。その後、放送禁止となった幻の名曲「半熟ラバーズ」などを発表しつつ、過激且つ、精力的に活動を続ける。 同郷のnobodyknows+やHOME MADE家族なども参加した自身の作品リリースだけでなく、BENNIE Kの「天狗 VS 弁慶」にフィーチャリング参加、ケミストリーの「君を探してた」のremixも担当。他にも加藤ミリヤ、RYO(ケツメイシ)…などと数々のアーティストとのコラボレーションを果たし、リスペクトを集める。 2005年、シーモネーターとしての活動はやりつくした…との思いから名前をSEAMOに改名。3月にさだまさし氏の「関白宣言」を大胆にリメイクしたシングル「関白」でデビュー。7月には2ndシングル「DRIVE」をリリース。全国FMラジオを中心に20局以上のヘヴィ・ローテーションを獲得。夏大型イベントの出演を経て、お互いをリスペクトする親交の深いBENNIE Kとのコラボレーション・シングル「a love story」、そして1stアルバム『Get Back On Stage』を10月にリリース。「a love story」は、数々のラジオ・ステーションでNo.1を記録。USENチャートも2位まで上昇し、2005年の秋を代表するヒットとなる。また数々のゲストが参加の1stアルバムは、まさに愛と男気をユーモアに溢れた内容でHIP HOPシーンだけでなく、J-POPシーンにおいて話題となる。 そして2006年、4月リリースの4thシングル「マタアイマショウ」は、その切ない歌詞に共感を持ったリスナーからの反響がじわじわと広がり、ラジオリクエスト、有線、カラオケでの大きな反響を得て超ロングヒット。そしてLOVE SONGでファンのハートをつかんだ後は、「ルパン三世のテーマ」をリメイクしたキラーチューン、「ルパン・ザ・ファイヤー」で今度はリスナーのハートを打ち抜き、シングル初のTOP10入り!そんな状況を受けて9月に発売されたSEAMOワールド全開の2ndアルバム『Live Goes On』は、チャート初登場1位を記録。年末には「紅白歌合戦」を含む大型TV番組の出演もあり、「マタアイマショウ」『Live Goes On』は2007年1月、2月とチャートインを継続する。「マタアイマショウ」の着うた関連はトータルで300万ダウンロード突破。アルバム『Live Goes On』は50万枚のセールス記録。 2007年は第1弾リリースとなるシングル「Cry Baby」を4月に発売。映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」の主題歌にも起用される。その温かいメッセージに大人から子供まで大きな反響をよび、チャート初登場6位にチャートイン。そして7月にスガ シカオをゲストに迎えた熱いメッセージをこめたファンキーチューン「Fly Away」をリリースし、こちらもTOP10入りを果たす。夏は約1万人を集めた地元での自身企画のフェス「TOKAI SUMMIT」の開催、SUMMER SONIC、ROCK IN JAPANなど大型フェスへの参戦で、SEAMO熱を沸き起こす。そして9月に久しぶりのラヴソング「軌跡」をリリース。そして10月にはスガ シカオ、BoA、mihimaru GTのhirokoら豪華ゲスト陣も参加した3rdアルバム『Round About』をリリース、初登場2位をマーク。そして11月より全国11箇所12公演のツアーをスタート!ファイナルは2008年1月20日に初の武道館公演(チケットはソールドアウト)を行い、エンターテイメントなステージを展開し絶賛を浴びる。 2008年は日本武道館公演から始まり4月にはその模様を納めたDVD「SEAMO Round About Tour〜2007年 シーモ半期 珍プレー好プレー大賞〜 Final at 日本武道館」を リリース。5月には、母へのメッセージを込めたシングル「MOTHER」をリリース、自己 最高位のシングルチャート5位を記録した。6月にはAYUSE KOZUEを招きリレコーディン グした隠れた名曲「Honey Honey feat. AYUSE KOZUE」とSEAMOの裏ベスト的ともいえ るカップリング曲を集めたコレクションアルバム「Stock Delivery」を同時にリリース。 7月26日には昨年開催した自身が発起人となる夏フェス、TOKAI SUMMIT'08をナガシマ スパーランドにて行い13000人を動員、他全国各地の夏フェスにも積極的に参加し、延 べ10万人以上のオーディエンスを熱狂させた。10月には自身初となるドラマ(日本テ レビ・読売テレビ系「夢をかなえるゾウ」)の主題歌となるシングル「Continue」を リリース、「夢をかなえる魔法は諦めない事」というメッセージが詰まった曲であり 各所から好評を得る。11月には4枚目となるオリジナルアルバム「SCRAP & BUILD」を リリースした。 2009年1月、今まで制作した全てのビデオクリップを収録したDVD「SEAMO ON DEMAND〜 perfect clip collection〜」をリリースし、待望の全国ツアー「SEAMO SCRAP & BUILD TOUR」もスタートさせた。3月17日(火)にはHIPHOPソロアーティストとして初 の代々木第一体育館での公演、また最終日の3月22日(日)は地元愛知県の代表的存在 のアリーナ会場である日本ガイシホールでの公演を成功させた。 8月19日にはダブルAサイドシングル「My ANSWER/不景気なんてぶっとばせ!!」、9月23日には映画「天空の城ラピュタ」の楽曲を大胆にサンプリングした「キミヲワスレナイ feat.AYUSE KOZUE」をリリースし、10月7日には初のベストアルバム「Best of SEAMO」をリリースした。

Artist Infomation Release & Concert

facebook follow me on twitter チケトレ
(株)ユニオン音楽事務所が行う公演のお客様との契約内容は、ライブ・エンタテイン メント約款に拠ります。 詳しくは、A.C.P.C.ホームページ をご確認下さい。
COPYRIGHT 2006 UNION MUSIC OFFICE. INC ALL RIGHT RESERVED.